Entries

タングステンフィルムをクロスプロセス

LomographyCOLOR X TUNGSTEN 64というフィルムです。3本パックで売られています。

1.jpg

丁度一年ほど前に生産中止になった富士のT64と中身は一緒です。富士の生産中止が発表された直後に、ロモグラフィーから限定という触れ込みで販売されました。まさに滑り込みですね。今もまだ手に入るようです。

当然本来リバーサルフィルムですが、そこはロモグラフィーらしくクロスプロセス向けで、しかもラッテン85Bフィルターには一切触れていません。通常のポジ現像なら真っ青の世界になるはずですが、パッケージの作例を見る限りそうではなさそうです。さてどんなものだろうと試してみました。

今回もLomoLabで現像してもらいましたが、ネガはビックリするような緑色です。普通のラボで知らずにこのフィルムを現像したら、ラボマンは血相を変えるでしょうね。想像しただけで恐ろしい。

2.jpg

プリントするとスーパーの2色刷りチラシを思わせるようなシアン&マゼンダの世界です。でもイエローが全く出ない訳でもない(無論、潜像の事ではありません)。なんとも不思議なバランスです。カラフルな被写体を選んだほうが色の転び方で楽しめるのかも。

03.jpg 06.jpg 08.jpg 12.jpg 15.jpg 19.jpg 22.jpg 30.jpg

Canon T90,FD 35mm 1:3.5 S.C. / Lomography COLOR X TUNGSTEN 64
撮影地:札幌ドームとその周辺 (2012/9/8)

今年最後の更新です。
中国製フィルムの話題は年明けに再開したいと思ってます。
数少ない読者の皆様、年末年始も楽しい写真ライフを。良いお年を!
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

検索