Entries

Canon EF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 USMを修理する

そんなこんなでジャンク品として購入した初代のEOS Kiss Digitalですが、幸いにも本体に異常はありませんでした。

ところが付属していたEF-S 18-55mm 1:3.5-5.6 USM (9群11枚)の前から何枚目かのレンズ縁がぐるりと一周汚れているのです。ファインダーで判るほどではありませんが、スッキリさせたいところです。(この写真ではちょっとよくわからないですね)

A.jpg

レンズの構成図をみると前から4枚目か5枚目の汚れが予想されますが、それ以外のユニット内のレンズの場合は解決できないかもしれません。出来る範囲の事をやってみます。

レンズの前面にカニ目らしきものが見えるので前から攻めていきたくなるのが人情ですが、EFのようなエンジニアリング・プラスチックのレンズでは単なる装飾の疑いがあります。なによりレンズ内CPUに接続されている電子接点がフォーカスリング・ズームリングに連動している事もありますから、内部の把握なしに迂闊に分解できません。ここは慌てずにマウント面から正攻法でいきましょう。

B.jpg

接点部を留めている2本の小ネジを外した後、マウント固定の4本のネジを外します。

C.jpg

持ち上げると制御基板がお目見えします。繋がっているフレキシブルケーブルをコネクタから丁寧に外します。

D.jpg

基板を留めている2本のネジを外して持ち上げると内部の様子が確認できます。写真手前の2本のフレキが伸びている銀色のはモーターユニットです。真ん中は絞りユニットの付いたレンズ群です、3本の足でカムに繋がっている様子。内部を仔細に観察したらモーターユニットとズームリングの腹巻を外します。

E.jpg

ズームリングをテレ側にすると穴からネジが見えます。これが絞りユニットの付いたレンズ群のカムの固定ネジ。3箇所外すとユニットを取り出せます。

F.jpg

汚れていたのは5枚目に当たる絞り直前のレンズでした。綺麗に拭き取ります。これで目的が達成できましたので元に組み戻しました。


ところが今度はAFの調子が芳しくありません(最初から?)。遠方から近接にピント位置を変えるとスムースに動きますが、その逆は引っかかるような動きをします。これでは常用できません。
仕方ありませんので再度分解し、AF駆動部分を当たってみる事にします。

G.jpg

モーターユニットは2本のネジで留まっています。取り出すときにAF/MFスイッチを壊さないよう注意が必要です。

白い歯車の付いているのが超音波モーターです。AF側にして歯車を動かすと非常に渋いです。このモーターが原因なのでしょうか?取り外してみます。

H.jpg

モーター単独で回してもやはり渋いです。ここは迷いなく分解します。真鍮のナットを回します。(ロックされていますので慎重に作業します)

I.jpg

渋いのもそのはず、かなり強いコイルバネが入っていました。白いセラミック板の上をバネで押さえ込みながら振動回転する構造のようです。きっとコイルバネでモータートルクを作っているのでしょう。原因かは定かではないものの一度分解してしまいましたから、僅かな汚れが動きに影響しないよう全てのパーツを洗って組み戻します。

J.jpg

分解前に比べてモーターが若干緩く動くようになった気がしますが、これで解決してるのか解りませんのでギアボックスも確認します。覆っている鉄板はネジ2本で外せます。

K.jpg

各ギアに欠け・割れはありませんでした。念のためグリスが残っているボックスはそのままにして歯車だけ洗って組み戻します。

L.jpg

このモーターユニットはフォーカスリングを駆動します。その連携部分はどうでしょうか?鏡筒側のギアには欠けや割れがなさそうに見えますが、分解しないとよく確認できません。

M.jpg

レンズ前群を外さないと先へ進めないようです。相手がプラスチックなのでレンズ前面のカニ目回しでは傷が出来てしまいます。内側から回せないでしょうか。

N.jpg

適当な道具がないので長目のプライヤーの先に布ガムテープを巻きました。これで内側の三方に出たステーに掛けて回してみます。

O.jpg

この部品は壊さないよう外しておきます。

P.jpg

僅かに接着剤を廻してあるので最初粘りますが、ガムテープのおかげで内側は無傷で外せました。外側のカニ目を使わずに済みました。なおレンズ前群はスクリューの中途で固定されているので、組み戻すときはワイド端で無限遠を合わせる必要があります。回す前に目印を入れておくと楽でしょう。(テレ端でヘリコイド最短がオーバーインフになるのはこのレンズの仕様だと思います)

Q.jpg

奥に見えるフォーカスリングのストッパーは前側からネジ留めされています。これを外したかった訳です。

R.jpg

ストッパーと連動接点を取り去るとフォーカスリングが外せます。

S.jpg

やっと到達しました。黒いので割れに気付きにくいですからルーペで調べましたが、何の異常もないようです。

T.jpg

モーターユニットの連結ギアも問題ありませんでした。

U.jpg

距離デコードのフレキシブル基板も確認。折れや破れはありませんでした。これはAF機能ではなくストロボ調光用の情報ですがレンズ動作に影響します。


結局どこが壊れているのかよくわかりませんでした。しかしこれらの点検を終えて組み上げたところAFがスムースに動作するようになりました。原因がわかりませんが、結果オーライという事にしておきます。徹底的に調べたのだから物理的損傷の可能性はありませんし。

このレンズのAF不良品がオークションに多数出品されています。壊れやすいレンズなのでしょう。このレンズの後に出たイメージスタビライザ機能を持つレンズにもAF不良が多いそうで、そちらは距離デコード基板の断線が原因のトップらしいです。今回はいじらなかった絞りユニットの動作不良も多いようです。

V.jpg

超音波モーターを使っているもののリングタイプではありませんのでフルタイム・マニュアルには対応しておらず、AF/MFスイッチでギアの噛み合いを切り替える構造です。AF側のままフォーカスリングを手で無理に動かしたり物にぶつけたりすると、高い確率で内部を損傷します。撮影時以外は常にMF側にしておいたほうが無難でしょう。フードを付けているなら尚更です。

発売後10年を経過し、すでにメーカのアフターサービス期間終了製品になっています。今となっては何処も修理してくれませんから、中古品を買うときには動作をよく確認しましょう。

(注・簡潔に作業概要を書いていますが、大変デリケートな構造です。乱暴に分解すると修理不能になります。この記事を参考にして破壊しても私は何の責任も負いません。)
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索