Entries

Fuji Quick Change Film Pack / Film Holder

1996年に突如富士フイルムから発売されたのが、クイックチェンジ(QC)フィルムです。8枚入りのフィルムパックです。終始Velvia (後にVelvia 50)とProvia 100 (後にProvia 100F)の2品種のみの展開でした。2005年に生産終了しています。

A.jpg

ホルダーはこんな姿です。

B.jpg

フィルムパックはこんな姿です。プラスチック製で頑強です。

このシステムの内部構造はGraflex Grafmatic Film Holder 4x5を踏襲しています。枚数が2枚増えたに留まらず、使い勝手を改善して扱いやすいものになっています。フィルムパックはGrafmaticの構造体に予めフィルムを詰め、自身で詰め替えしない形に改めた物という理解で良いでしょう。

まずはフィルムパックのセットの仕方。

C.jpg

ホルダの露光面側につまみがあります。これを押し下げます。

D.jpg

開けると窪みがありますので、

E.jpg

そこにフィルムパックを収め、閉じます。実に単純明快。

では使い方です。(この先はカメラにセットした状態で操作します。)

F.jpg

ピントを合わせ、シャッターの準備が出来たら、フィルムパックのタブをゆっくりいっぱいまで引きます。(必ず準備してからです。シャッターを切るまではセッティングを狂わせないように慎重に操作しましょう。)
この状態でフィルムはすでに暴露しています。

G.jpg

タブをゆっくり戻すとカウンター右上に黄色の指標が現れます。これは撮影準備完了を示しています。この状態からは一切引き返せません。

H.jpg

シャッターを切ったら、次の撮影の準備をします。

フィルムパックのタブを引くと、中の構造体が一緒に出てきます。
いっぱいまで引くとカチンと音がして、中で撮影済みのフィルムが一番後ろに回り込みます。

I.jpg

再びタブを戻すとカウンターが"2"に変わり、黄色の指標が隠れます。この状態でフィルムは暴露していません。

J.jpg

なお、8枚目を撮り終えるとカウンターには"E"が現れます。

K.jpg

ちなみに、フィルムパックの中はこのようにプラスチックのシースに記番されたシートフィルムが収まっています。このシースはグラフマチックのそれと互換がありません。
現像に出すとこのパックは返却されないため中古市場などでは滅多に見かけませんが、引き蓋は簡単に抜く事が出来ますので通常のシートフィルムを装填して再利用可能です。もちろんメーカの想定外の使い方ですが。
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索