Entries

中国製 200フィルム(9) Fuji Superia 200 (偽物)

今回は、富士フイルムSuperia 200です。

1.jpg

富士は以前から各国向けの表記のフィルムパッケージがありますが、このパッケージは中国オリジナルなのか、それに相当するパッケージを見たことがありません。写真のパトローネは一世代前のデザインですが、新デザインのパトローネが使われているものもありました。また、写真のパトローネケースは富士のものと同じですが、中にはコニカのものが使われているものもあります。間違いなくパトローネもケースも使用済みの再利用です。

2.jpg

期限が2014年12月と2015年12月があり、2015年表記のものはパッケージが若干濃い色です。どちらもルーペで確認すると期限表記も一緒に印刷されています。乳剤番号は共通の「575.722」です。これらの状態から偽物と断定して良いでしょう。

3.jpg

パトローネが同じ世代のSuperia 200と比較してみました。左が本物、右が今回のフィルム。乳剤の色が全く異なります。同じフィルムではなさそうです。

4.jpg

むしろSuperia 100に大変似ています。現在Superia 100は販売されていませんが、左が2003年頃のSuperia 100、中央が2007年頃、右が今回のフィルム。中央とほぼ同一です。
現像後のベースの色Superia 200とは全く異なります。Superia 100とはほぼ同じでした。この事からSuperia 100がこのフィルムの正体であると思います。

やはり中国にはこういった再生品利用のマーケットが存在するのでしょう。どういった経緯でこのフィルムが富士から出荷され、中国で潜像を入れてパトローネにローディングされて販売されたのかは全く謎です。
25本ほど購入し、殆どをISO 200として使いましたが特に不満はありませんでした。今回はあえてISO 100で使ってみました。

13.jpg 15.jpg 29.jpg 30.jpg 35.jpg

Canon EOS-1,EF 28-135mm 1:3.5-5.6 IS / Fuji Superia 200 (偽物)
撮影地:中島公園前~南大橋周辺 (2013/3/19)
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索