FC2ブログ

Entries

EVの話(3) TV-AV表にみるプログラム露出の進化

(注・本記事はMathJaxによる数式表示を用いています。JavaScript動作環境で閲覧する必要があります。)

前々回前回とAV,TVの具体的な数値をまとめましたが、
それぞれの関係は、(以下式中は EVを\( Ev \), AVを\( Av \), TVを\( Tv \) と表す)
\[ Ev = Av + Tv \] になっています。

ここで横軸にTV、縦軸にAVをおいたTV-AV表を考えてみます。

A.png

EVは横軸と縦軸の数値の和ですから、左上から右下に走る斜線がEVの等しい線となります。EVが等しければ露出量は一緒です。ここではTVが-5~13 (露出時間が30~1/8000)、AVが0~10 (F値が1~32)の範囲を表にしています。このときEVは-5~23の値をとるわけです。

EVが小さければ露出量は大きくなります。これは被写体がより暗い事の意味です。逆にEVが大きければ露出量は小さくなります。これは被写体がより明るいことを示します。つまり右上になるほど明所の状態であるという事です。


古くからカメラに興味があればこのような表を一度は目にした事があるはずです。そうAEのコンパクトカメラやプログラムAEを搭載した一眼レフの説明書などに載っているものです。プログラム露出とは露出量の等しい任意の組み合わせのうちのどれを使うかを予め設定してある露出です。カメラに不慣れな人や初心者に何も考えさせる事無く適切な組み合わせを導くために装備されました。

ここでは一眼レフでの実装例をみてみます。


最初は1978年発売の Canon A-1 の「プログラムAE」です。

B.png

緑の囲みはカメラの最大設定可能範囲をISO 100時の測光範囲で区切ったものです。この範囲内のプログラムラインを示します。(以下同様)

このプログラムはレンズの開放F値によってのみ変化します。赤線で示したF1.4のレンズ場合、EVが上昇してもAVを一定に保ちますが EV4を境にTV,AV共に増やしていきます。マゼンタで示したF2.8のレンズ場合も同様で、この場合EV8が境界です。(低EVから高EVへプログラムラインを追うのが読みやすいと思います。)


次は1986年発売の Canon T90 の「バリアブルシフトプログラムAE」です。

C.png

ここでは50mm F1.4のレンズを示しています。このプログラムもAE-1同様に開放F値条件ですが、加えてレンズの焦点距離や撮影意図に合わせて7つのプログラムラインを選択できるようになっています。(AV8止まりなのはこのレンズの絞り制限起因です)
赤線 (P)で示したのが「標準プログラム」です。マゼンタで示したTP1~3は「テレプログラム」で数字が大きくなるほど露出時間の短い側を使い、ブレを防止する効果があります。またWP1~3は「ワイドプログラム」でこれも数字が大きくなるほど絞り込み、被写界深度を稼ぐ効果があります。


それまで単純だったプログラムに撮影意図の反映が持ち込まれました。この当時は FDレンズというF値および開放F値の情報のみがボディに機械伝達されるシステムだったのですが、その後AF化で完全電子マウントになりより多くのレンズ情報がボディに伝達されるようになると様相が変わります。


1989年発売の Canon EOS-1 の「インテリジェントプログラムAE」です。

D.png

ここでは50mm F1.8のレンズを示しています。一見先祖返りしたかのような単純なプログラムに見えますが、実はライン上のどの位置からもプログラムシフトができるようになっています。プログラムシフトとはプログラムラインを基点に同一EV内のAV,TVの組み合わせを自由に選べる機能です。例えば青線 (P)で示したのがEV12時のシフトラインです。(AV9止まりなのはこのレンズの絞り制限起因です)

もうひとつズームレンズの場合をみてみます。

E.png

35-105mmF3.5-4.5のズーム両端を示しています。焦点距離によってプログラムラインがシフトしているのがわかります。これは先のT90のバリアブルシフトを取り入れ、テレ側はブレ防止、ワイド側は被写界深度を意識したものになっています。ズームに連動してプログラムラインを変えているわけです。図示していませんが、もちろんこのズームでもシフト機能は有効です。

この例では効果は限定的ですが、ズーム域の広いレンズならより有効に働くと思われます。それらが撮影者の意思と無関係に自動的に対応しているという点でT90の「バリアブルシフトプログラムAE」を発展的に解消していると考えられます。

ここではキヤノンの例しか示していませんが、各社同様の工夫を取り込んだ結果、プログラムAEを単純なTV-AV表では表せなくなってしまっているのが実情のようです。最近見かけないですよね。
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

検索