Entries

70mmフィルムと46mmフィルムで悩む

2年前に「大名刺判について悩む」というIlford FP4 Plusの9cm x 50ft.のロールフィルムが大名詞判(6.5cm x 9cm)に利用できるので買おうかどうか悩んだ話を書いたのですが、あの時は結局買うことはありませんでした。昨年も全く同じ物が若干の値上げがあったものの同様に販売され、これも結局のところ買わずに済ませてしまいました。

IlfordのULF (Ultra Large Format)の受注は毎年この季節なので、チェックしてみたところ、今年もIlford FP4+ 125 iso 9 cm. x 50 ft. rollは$139.99で販売されています。

それに加えて他にもちょっと違う気になるラインナップが増えています。


一つ目は46mmフィルムです。
ご存知の方もいるでしょうが127というベスト判などで使われるフィルムの巾です。
Ilford HP5+ 400 iso 46mm x 50 ft. UPEIが$109.99です。UPEIというのはUnperforated, Emulsion Insideの略ですね。無孔・乳剤内巻の意味です。

二つ目は70mmフィルムです。
これはペンタックス645、マミヤRB67、ハッセルブラッドの専用ホルダーやリンホフ・シネローレックスなどで15ftカートリッジに巻き変えると使えますね。
Ilford HP5+ 400 iso 70mm x 50 ft. DPPEIが$169.99です。DPPEIはDouble Side Perforated, Emulsion Inside。両孔・乳剤内巻の意味ですね。
116,616フィルムに使えるであろう無孔もあります。
Ilford HP5+ 400 iso 70mm x 50 ft. UPEIが$135.99。

三つ目は91.7mmフィルムです。
Kodak No.3Aという古典カメラで使われる122フィルムの巾です。
Ilford HP5+ 400 iso 91.7mm x 50 ft. UPEIは$183.99です。

これらは6月26日までの受付です。予定数を超えるとその前に終了してしまうことが多いです。


私が悩むのはこの中の70mmです。
70mmフィルムはこういう15ft.カートリッジで使います。スペックNo.488という物です。

1.jpg

グラフレックスのRH50という4x5でも使えるホルダーがあるんですね。

2.jpg

このホルダーは70mmの無孔フィルムも使えるんです。シネローレックスより軽いし便利です。

3.jpg

でもねぇ。現実には全く使わないんですよ。持ってるだけ。だって4x5カメラを持ち出して6x7撮らないです。気合だからね。4x5を使うときは。
あと現像リールはあるんですけど、15ft.のフィルムを乾燥させるのがちょっと厄介。一度やって懲りました。あぁ思い出したら、やっぱり無理だ。

使わないといえば46mmフィルムも。

4.jpg

買ったまま冷凍です。100ftもあるんです。127はまだ買いだめを使い切ってないMaco UCN200を消費してからだなぁ。

欲しい。でも使わない。これじゃぁ買い増やせないよね。
でもイルフォードの親切に甘えたい。あぁ、いつか買う日が来るんだろうか。
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索