Entries

期限切れフィルムはどう使うと良いか(1)

写真フィルムには使用期限というのがあります。一般的なカラーフィルムは製造から2年ですが、モノクロなどでは3年、最近の普及品カラーネガでは3年のものが増えています。

これらはメーカーが加速試験などで劣化の度合いを判断して決定しているわけですが、製造からある一定の時期までは劣化が殆どないものの、その後徐々に本来の性能を失っていくというものです。ですから開封したり高温多湿の場所にでも保存しない限り、期限切れ1年ぐらいでは全く劣化を感じない程度の余裕を与えられているのが普通です。そして、期限内・期限切れに関わらず、劣化を抑えるには冷蔵や冷凍が良いとされています。

フィルムが劣化すると感度が落ちたり、カブリが起こります。
ベース濃度が上がり、像が薄くなり、全体に軟調というのが典型的な症状です。



1.jpg

富士のSUPER 400の期限切れをたくさん見つけました。期限は2000年代前半に切れています。

2.jpg

すでに本来の性能を維持しているはずもないのですが、どの程度使えるでしょうか?
いえ、使うにはどうしたら良いでしょう。今回はそれを考えます。

まずは普通にISO 400で撮影し、標準現像してみました。

3.jpg

ネガはこんな感じ。像が薄いです。
スキャンすると色は悪くありませんが、シャドー側にノイズが多く、ちょっと苦しいネガと思います。

02.jpg 04.jpg 07.jpg 09.jpg 17.jpg 20.jpg 28.jpg

Canon T90,FD 35mm 1:3.5 S.C. / Fuji Super 400 (CH-6)
撮影地:北ノ沢6,7丁目 (2013/9/28)
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索