Entries

期限切れフィルムはどう使うと良いか(4)

50本以上も期限切れのSuper 400 (CH-6)を手に入れましたので、中には著しい劣化の見られるものがあります。つまりカブリが出ているフィルムです。

A.jpg

このフィルムは2001年が期限です。ISO 400として露光した大変薄いネガを力技でスキャンしています。コントラストの高さや潜像コードが明るいところからそのネガ像の薄さがわかります。一目でわかる通りフィルムの中央に赤く変色したところがあります。フィルムの先端から後端まで均一に変色しているわけではなく、全く出ない所もあれば赤味が強い部分もあるといった様子です。どうしてこんな風な劣化をしているのかは少し不思議な感じがします。決して光線漏れではないので、保存時の温度の影響なのでしょう。

しかしネガを確認すると、どう目を凝らしても気付かない程度の変色なのです。そしてスキャンした画像を良く見ると、ハイライト部分にはあまり現れずシャドー部分に大きく現れています。つまりネガが抜けている部分に変色部分が重なると猛烈に赤くなるといった具合です。

B.jpg

そうだとすると、なおさら古いフィルムは露光量を増やすのが良いと言えるでしょう。露光量が増えるとネガの濃度が上がりますので、相対的にシャドー側の影響がかなり抑えられるはずです。劣化の度合いで結果は違うでしょうが、薄いネガは何も良いことが無いという話です。

ここを読んで下さってる方には、10年も前に期限の切れたフィルムをわざわざ手に入れて使うなんてバカげてると思っている方も多いでしょう。でも今回はそれを承知でどうにかしようというトライアルなので、そういうツッコミは野暮なのです。カメラ雑誌を何度読み返してもこんなバカげた情報は載っていないでしょう。webでさえ誰も真面目にこんなテーマを考える人は皆無です。だから書いているんです!(かなり病気)

02.jpg 05.jpg 07.jpg 15.jpg 16.jpg 17.jpg 19.jpg

Canon T90,FD 35mm 1:3.5 S.C. / Fuji Super 400 (CH-6)
撮影地:五輪大橋 (2013/10/2)
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索