Entries

フラットベッドスキャナのピント調整

私は現在EPSON GT-X700というA4の主走査4800dpiのフラットベッドスキャナをIEEE 1394接続で使っています。

1.jpg

EPSONのフラットベッドスキャナのフラグシップモデルは、

GT-X700 4800dpi α-HyperCCD (2003年10月発売)
GT-X800 4800dpi α-HyperCCD II (2004年11月発売)
GT-X900 6400dpi α-HyperCCD II (2006年3月発売)
GT-X970 6400dpi α-HyperCCD II+ARコート(2007年9月発売)

と進化していきました。しかし最新機種のGT-X970は6年前から更新されていないという状態で、透過原稿に対応したEPSON製のスキャナは商品として事実上終了しているようです。

GT-X700は10年前に発売された3世代前の機種です。現行機種のGT-X970と比較すると見劣りするものの、まがりなりにも当時の最上位機種でしたからプロ用機にしか搭載されなかった自走型透過原稿ユニットが付いていますし、基本的な実用スペックを満たしていると思います。

私のようにフィルムを潜像コードまでスキャンしようとすると付属のフィルムホルダーは使えないのでガラスにフィルムを直置きせざるを得ないわけですが、そうするとフィルムホルダと焦点の位置が違うためにピントが甘くなってしまうのです(実際はホルダを使ってもピントは甘いです。多分ホルダ位置にもガラス面にもピントが来ていないと思います)。ブログ程度の大きさの画像なら多少甘くても問題ないという事で今までこの問題に対策をしなかったのですが、そのうちどうにかしたいと考えていました。

今後35mmだけでなく16mmフィルムやMINOXサイズもブログに載せたいので、今回は一念発起してガラス面にピント合わせする事にしました。

2.jpg

これがスキャナユニットの底面です。写真の手前側のアルミの放熱器がついた基板がCCDユニットで、その先にレンズユニットが見えます。レンズの先はミラーボックスになっており、何枚ものミラーで焦点距離を稼いでいます。

3.jpg

レンズはステンレスのバネで固定されていて、その上からこのような黒い樹脂で固定されていました。これを剥がさないとどうにもなりませんので、千枚通しで刺し剥がします。(ひとつ上の写真はすでに外した状態です)

4.jpg

ネジ2本でバネを固定しています。一方はこちらを向いていますので緩めてバネを起こせばレンズは自由に前後に位置を変更できます。調整はとても微妙です。僅かに移動させて全て組み戻した上で電源を入れてEPSON SCANを起動しピントを確認します。私の場合は5回ほど繰り返して満足できる結果を得ました。

5.jpg

このコマの左奥のマンションの看板を拡大してみます。(以下は2400dpiでスキャンしています)

6.jpg

これが調整前の状態。

7.jpg

こちらは調整後の状態。

看板のマークが随分ハッキリと読めるようになりました。全体にカラーフィルムの色素雲が鮮明になったように感じます。本来はもっと解像度のあるネガを厳選してしっかり調整するべきでしょうが、原稿台のガラスはプラスチックの外枠ボディで支えられており、ガラス面とセンサが全面で常に等距離かは怪しい構造です。突き詰めると調整不能に陥りますのでこれでよしとします。

固定型の拡散バックライトの透過原稿ユニットを使った廉価機ほどではありませんが、自走型を採用したこの機種でさえパーフォレーションのゴーストが出ます。きっと原稿面ガラスの反射の影響と思われます。しかしこれがなければ平面性が保証できないですし、入れ替えるにしてもこんな大きなマルチコートガラスが手に入ると思えません。レンズの先のミラーの数も多く、これの影響も大きいのだろうと思います。そもそもフィルムスキャナとは構造が違うので得られる画像の解像度には限界があるでしょう。少なくともフィルム種類によって光源を変えるF-3200なんかには足元にも及ばないでしょうね。

まぁとにかく、私の場合はまだまだこのスキャナに頑張ってもらうつもりです。

(注・ピントの調整はメーカ修理に出してください。一度ユーザが機器内部にアクセスするとメーカ修理を受け付けてもらえなくなります。自分でやってはいけません。)
関連記事

Appendix

プロフィール

tri-chrome

Author:tri-chrome
自分の撮った写真がフィルムに残っているのって何かいいよね

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索